目がよくなる!視力回復法

目が良くなる、さまざまな視力回復トレーニングや方法をご紹介しています。

サイトトップ > 視力回復と超音波治療器の関係〜ソニマックやアイパワー

視力回復と超音波治療器の関係〜ソニマックやアイパワー

視力回復と超音波の関係について解説したいと思います。

視力回復に超音波治療器は、とても有効です。厳密に言うと、仮性近視や初期の近視には、とくに効果的でしょう。

超音波を目に当てるということは、目のすべての組織に微弱な振動を与えるわけです。

超音波治療器には、ソニマック、フタワソニック、アイパワー、ミオピアなど類似品が数多くありますが、どれでもさほど性能に変わりはありません。

超音波治療器を目に当てると、1秒間に2万数千回もの振動が、目の組織を震わせます。これが目のマッサージになるわけですね。

目は手でマッサージして、もみほぐすわけにはいきません。
もちろん目の露出部分は、指でマッサージすることも可能ですが、眼圧が上昇したり、緑内障、網膜剥離、白内障の危険があるので、やめたほうがいいと思います。

とくに目の内部や網膜は手でマッサージできません。
そこで超音波という振動を目に送って、目の緊張をほぐすわけです。目の緊張をほぐす方法には、このほかに目を温めたり、全身の血行をよくするなどの方法があります。

強度の近視の場合は、超音波治療器ソニマックを使用したからといって、目に見える視力回復効果があらわれるとは思えませんが、やってムダではないでしょう。

なぜなら前述したように、超音波治療器を目の表面に照射すると、目の組織がほぐれますし、目の血行もよくなります。これは、あたかも目のツボ、視力回復のツボを指圧するのと同等の効果が得られると思います。しかし超音波治療器なら、寝転がっていてもできるわけですね。

目の血行をよくしたり、目をマッサージするような感覚を得られる方法には、蒸しタオルを目に当てる方法があります。これも、超音波治療器ソニマックを使えば、同様の効果が得られるものと思われます。

結局、視力回復と超音波の関係は、近視や遠視、乱視、老眼の度合いによるといえるでしょう。仮性近視は目が治る可能性がありますし、強度の近視は、なかなか効果を実感できないかもしれない、ということです。

また子供の年代は、まだ目の組織が柔軟ですし、軽い屈折性近視であることがほどんどなので、楽観視できます。大人よりも視力回復しやすいものですし、回復のスピードも圧倒的でしょう。

反対に大人になると、とくに20歳以上になって成長期が終わると、眼球の形が固定されるため、なかなか思うように視力がアップしていかないこともあるでしょう。

いずれにしても視力回復と超音波の関係は、人それぞれということですね。

目がよくなる視力回復法とは?一覧