目がよくなる!視力回復法

目が良くなる、さまざまな視力回復トレーニングや方法をご紹介しています。

サイトトップ > 視力訓練の必要性とは?〜疲れ目の解消

視力訓練の必要性とは?〜疲れ目の解消

視力訓練というと、堅苦しいイメージがありますが、これは呼び方の問題であり、視力回復トレーニングや視力アップトレーニング、目のエクササイズでも、すべて一緒です。

視力訓練は、なによりも毎日の地道なトレーニングの持続が大切です。3日坊主で終わっては、視力アップしかけた目も、もとの状態にすぐに戻ってしまいます。これはダイエットと似ていますね。無理な視力訓練をしても、そのときだけ視力回復するだけで、すぐに元に戻ってしまいます。ダイエットのリバウンドと一緒です。

なので視力訓練をする際は、生活に溶け込ませ、習慣になるように配慮しましょう。毎日視力回復トレーニングをしていくわけですから、うまく日常のなかに溶け込ませるのです。ダイエットの運動でも、テレビのコマーシャルの合間に腹筋をしたり、柔軟体操(ストレッチ)をしたりしますよね?

それと同じように、テレビの合間にでも、簡単な視力訓練を行いましょう。たとえば大き目のテレビなら、その四つ角を視線で結ぶ目の運動をします。これだけで外眼筋が発達し、目の血行がよくなります。目の血行不良は、筋肉が弱いことが原因とも考えられるので、目の筋肉が強くなれば、疲れ目になりづらくなります。これはそのまま眼精疲労の予防対策にもなります。

このように視力訓練は、けっして強度近視の人だけの占有物ではありません。今の時代、パソコンやゲーム機が普及して、ますます目を酷使せざるを得ない時代となってきました。ipad(アイパッド)なんていう魅力的なアイテムが出てきましたから、ますます目を使うことに。

視力訓練によって目を鍛えなければ、誰にでも急激な視力低下は起こりえるのです。学校検眼でb判定やC評価を受けた子供も、パソコンで最近視力が低下してきたビジネスマンも、遠くが見えないと感じる主婦も、視力アップの訓練を生活のなかで実行して、大切な目を守る行動を開始しましょう。

目がよくなる視力回復法とは?一覧