目がよくなる!視力回復法

目が良くなる、さまざまな視力回復トレーニングや方法をご紹介しています。

サイトトップ > 目の視力回復の原理とは?〜眼筋トレーニングが基本

目の視力回復の原理とは?〜眼筋トレーニングが基本

目が視力回復するのは、どのような原理、しくみによるのでしょうか?

まず視力は回復していくものです。
ほとんどの眼科医は目が視力回復するといことを否定します。そして少しでも視力が低下すると、メガネやコンタクトレンズをすすめるのです。しかし、これではかえって急激に視力低下していくだけです。

目の視力回復にかんしては、民間療法のほうがいいのです。
さて、目のなかには、三つの筋肉があります。毛様体筋、虹彩筋、外眼筋です。外眼筋は、目の周りを取り巻いていて、目を動かす筋肉です。

近視の人は、こういった筋肉郡に問題があるといわれています。たとえば弱体化していたり、こり固まってうまく機能しなかっかり、血行不良をおこしていたり、ということですね。

では、どうすれば筋肉の状態を改善して、目を視力回復できるのか、ということです。

それは単純なことで、目の筋肉を使えばいいのです。
簡単ですね(笑)

たとえば遠近調節を司っている毛様体筋が、近くの見すぎで緊張してこり固まったのなら、遠くと近くを交互に見て、コリをほぐします。遠くの一点を見続けてもいいですね。

虹彩筋に問題があるのなら、明暗の刺激を目にあたえてやれば、目の視力回復に効果的です。しかし虹彩筋にかんしては、それほど視力回復にかかわっていないでしょう。

さて最後の外眼筋は、けっこう目の視力回復で大きなウェートを閉めています。たとえば速読の教室では、目を高速で動かしますが、視力回復する人が多く出ているそうです。

外眼筋が運動不足によって緊張すると、不必要に眼球を締め付けて、眼球を楕円状に伸ばすことが考えられます。これは、かつてアメリカの眼科医であったウィリアム・ホレイショ・ベイツス博士が提唱した視力回復理論でもあります。

眼筋をストレッチして柔軟にし、眼球を速く動かして、眼筋トレーニングをすれば、眼軸が元に戻る可能性があります。これは毛要体筋だけをトレーニングしていたのでは、ありえないことですよね。

目が視力回復するためには、脳もたいせつな要素になります。
ものは目だけで見ているのではなく、視神経を通って、視交叉上核で視交叉(半交叉)して、脳の視覚野(視覚領)までとどいて、はじめて認識されるのです。厳密に言えば、ものは脳の前頭葉で認識しています。

つまり脳に異常があったり、脳がストレスをうけて見ようと働かなければ、視力が出ないということです。そこで最近では、脳を鍛えることによって、視力もよくしようという視力ソフトが販売されていますね。

目の視力回復トレーニングでは、効果があらわれるのは、人それぞれです。軽度の近視の人は、すぐに効果が現れるでしょうし、反対に強度の近視の人は、効果がなかなか出ないこともあります。

しかし大切なことは、あきらめないで視力訓練を続けること。
そうすれば、かならずあなたの目は視力回復への道を駆け上がっていくことでしょう。

目がよくなる視力回復法とは?一覧