目がよくなる!視力回復法

目が良くなる、さまざまな視力回復トレーニングや方法をご紹介しています。

サイトトップ > 視力回復と近視の関係は複雑〜年齢や期間

視力回復と近視の関係は複雑〜年齢や期間

視力回復と近視の関係は、複雑です。

近視には、ご存じのように仮性近視という近視の一歩手前の状態から、本物の近視である「真性近視」というものまで、いくつか段階があります。

そのため近視なら、すべての目がよくなる!とは言い切れないのです。仮性近視や初期の近視は、確実によくなることでしょう。

また近視になってからの期間が短い人も、比較的ラクに視力アップが可能になるでしょう。

大人と子供でも、視力改善の度合いが違います。
子供の視力低下のスピードは、大人の3倍以上である反面、目がよくなる速さも大人の何倍もあります。

また20歳までの成長期にある人や学生さんは、比較的視力回復しやすいと思います。目にまだ柔軟性があって、眼球がそれほど伸びていないからです。眼球の形も固まりきっていないからです。

視力0.01というような強度の近視の場合は、目がよくなるとすれば、レーザーを照射するレーシック手術ということが多いですね。レーザー角膜矯正手術ともいいます。これは角膜を削ることによって、目の屈折率を調整して、視力矯正する方法です。

強度の近視の人が視力回復するには、いくつかの選択肢が考えられます。メガネやコンタクトレンズをし続ける方法。あるいは、そういった眼科矯正器具の力を借りながら、同時に視力回復トレーニングを持続していく選択肢。三つ目は、前述したレーシック手術です。

レーシック手術は、レーシックの後遺症が心配されてきましたが、イントラレーシックが主流となった現在では、それほど心配することはありません。レーシックのほかに、PRK手術、ラセック手術、フェイキックIOLなどもあります。

白内障手術のさいに、近視や老眼も同時に治してしまうという方法もあります。しかし、こういったケースはほとんどないでしょう。

視力回復と近視といっても、以上のように複雑であり、様々な選択肢があります。

視力回復トレーニングのなかでの選択肢でいえば、本を買って研究する、視力回復センターに通うなどがあります。インターネット上に公開されている視力回復のマニュアルに学ぶ方法もあります。これなら、わからないことがあったら質問ができるので、孤独になりがちな視力トレーニングも続けやすくなります。

目がよくなる視力回復法とは?一覧