目がよくなる!視力回復法

目が良くなる、さまざまな視力回復トレーニングや方法をご紹介しています。

サイトトップ > 視力回復コンタクト〜睡眠中にオルソケラトロジーで治療

視力回復コンタクト〜睡眠中にオルソケラトロジーで治療

視力回復コンタクトという、目がよくなる方法があります。

視力回復コンタクトレンズとは、いわゆるオルソケラトロジーといわれている視力回復の方法です。その進化形はオサートといいます。

視力回復コンタクトの原理を簡単に説明すると、寝る前に特殊加工されたコンタクトレンズを目に装用して睡眠に入ります。寝ているあいだはずっと、角膜にコンタクトレンズを着用したままです。

そして朝起きたときに、ハードコンタクトレンズを外すと、角膜に型がついていて、屈折力が調整されて近視が矯正されているというわけです。

視力回復の作業、工程は、睡眠中になされますから、日中は裸眼で快適に生活することができます。まるで目がよくなったかのよな感覚になります。裸眼で見ているのですから。

この点、レーシック手術と似ていますが、レーザー治療とはまた異なります。レーシック手術などのレーザー角膜矯正手術は、角膜をエキシマレーザーを照射して削り取ります。レーザーで蒸散させるのです。このため二度と元の形状には戻りません。

視力回復コンタクトである「オルソケラトロジー」においては、角膜を削らずに、毎晩へこませるだけなので、ハードレンズの装用を中止すれば、またもとの状態に自然に戻っていきます。

ただしレーシックは最初こそ、費用も高く、手間もかかり大変ですが、あとは楽ですね。視力回復コンタクトやオサートのように、毎晩着用する手間もないからです。

ちなみにオサートとは、オルソケラトロジーの進化形で、オーダーメイド治療です。その人にもっともあった形状のコンタクトレンズをそのつど作成して、段階的に治療していきます。

従来型の視力回復コンタクト(オルソkレンズ)では、強度の近視に対応できないという欠点がありました。初期や中程度の近眼にしか適用できなかったのです。

しかしオサートでは段階的治療を経るために、視力0.01というような強度の近視であっても、目がよくなる可能性がでてきました。

そのほか円錐角膜や結膜炎、角膜炎、角膜ヘルペスなどがあると、従来型の視力回復コンタクトレンズでは、対応できなかったのが、オサートでは対応できるようになっています。

このように視力回復コンタクトは進化をつづけています。
快適な視生活を送っていくには、欠かせない眼科矯正器具です。現在、コンタクトが必要ないコルネアプラスティーという治療もアメリカで模索されています。これは、最初だけコンタクトをすれば、あとは何も面倒なことはしなくていいという方法です。

目がよくなる視力回復法とは?一覧